サルトリイバラ

居住地は声優界隈

推しに捧げるファンレター

こんにちは!

そういえば自担のラジオのアーカイブ聴いてたら話の流れで、女性はみんなプリンセスだからいつまでも夢見てくださいみたいなこと言ってて、お前そういう所だよーーー!!(推せる)という気持ちになりました。なんかそういうの好きです。仰せのままに!

 

早速ですが、今回はファンレターについてのエントリです。芸能人のヲタクなら経験も多いであろうお手紙、私はこんな風に書いてますというお話です。

 

まずは頻度について、私はイベントに行く時は8割方書いて持っていきます。時間がなければ無理に書かないけど余裕のある時は必ず持っていく。時間がなくて書けなかった、でも書きたいっていう時は翌日か翌々日くらいに事務所郵送。

それ以外はめちゃめちゃ感動した作品やイベントがあった時に書きます。感情が高ぶった時というか、これは今伝えたい!と思ったら書きます。言うて事務所送付しすぎて普通に住所を覚えてしまった…(笑)

 

内容は作品の感想がほとんどです。演技や楽曲、作品のストーリーや内容について、個人の感想を送ってます。例えば歌詞のこのフレーズが良いとか、ドラマCDのこのシーンがキャラの関係性が見えて好き、ここの演技は特に心情が伝わってぐっと来たみたいな、ピックアップして詳細に書いてます。あくまで素人目線だけど、何かの参考になればいいなって思ってます。

ただ当方キモ・ヲタクなので圧倒的に語彙力が足りない、且つ表現が乏しいという二重苦に悩まされます。前に書いた「好き以外の感情を失いました」はもうちょっと可愛い表現があった気がする✋

 

書く時は前にどこかで見かけた「憧れの先輩に書く感じ」っていうのを参考にしてます。憧れの先輩に手紙とか書いたことないですけどそんなニュアンスで…砕けすぎず、硬すぎずな文章が書けるかなって思います。

 

前はボールペンで一発書きしてたんですけど、最近はスマホのメモにざっと下書き打ってから便箋に書き写してます。その方が内容がまとまる気がするので…シャーペンでの下書きは消しゴムで事故るのでやりません。自分で言うのもあれだけど、字が汚い方ではないので丁寧に書けばそれなりに見れるものになる…はず。

 

便箋と封筒は綺麗系を選びます。私の好みの問題もあるけど、可愛い系はそんなに使わない。どうせ何通も出すので、その季節の植物とか季節感あるやつにする時もあります。顔が見えないのをいいことに、綺麗なお姉さんが書いてるような印象にセルフコーディネートしてます(笑)

 

書き出しは「こんにちは、この度は(イベント名)へのご出演おめでとうございます」みたいな感じ。事務所に送る時は「○○の感想を送りたいと思ったので書かせていただきます」とかその時によって変えます。

ヲタク友達に手紙の話聞くと、後半にポエムタイム入るみたいな話聞くけとみなさんはどうでしょうか?私はなる。一通り感想書くとポエム突入しません?(笑)

めちゃめちゃポエミーないつも支えてもらってますよ〜とか毎日楽しいよ〜的な文の後に結びの文を入れて終わります。

結びはご自愛くださいっていう内容が主で、あとは次のイベント行くのでお会い出来るのを楽しみにしてます!とかも書いたりする。思いつかなかったら時候の挨拶でググって、ちょっと柔らかい表現に書き換えて使います。

 

封筒には自分の住所、名前(本名)は必ず書きます。これは普通に礼儀。ハンドルネームやTwitterのID書いてる人もいるらしいけど私は書かない、てか認知厨じゃないので死んでも書きたくありません(笑)手紙の内容でも忙しかったから声聴いて元気出たっていう時の「忙しかった」くらいしか自分の話はしないです。別に興味ないよな?って思っちゃうので。

あとは宛名、郵送の時は事務所の住所を書き、適当に○○様の周りにペンで星飛ばしたりして完成!封筒のデザインにもよるけど、挿し絵いれたりデジタルで描いた絵をシール用紙に刷って貼ったりする時もある。とりあえずいい感じに装飾します。

手紙自体をポップアップのメッセージカードみたいな形にしたこともあります。別に読んでもらえるとは思ってないし、むしろ読んでないんじゃね?くらいの気分ではいますけど(疑心暗鬼)もし読むことがあればちょっと楽しい気持ちになってくれたらいいなと思ってやってます。私の気持ちの問題!

手紙ならプレより迷いがないし、気持ち的にも物質的にも1番お互いに負担が少ない気がします。あとメールをガンガン送れる時代にお手紙っていうのも粋な感じしません?他の人に手紙なんて書かないから特別感もあって、私はお手紙書くのすごく好きです。ファンレターが完全にメールフォームにならない所、ちょっと不思議ではあるけど、手書きの風合いとか気持ちの面で残ってる文化なのかな…と思ったりします。

 

ちょっと話が代わりますが、以前から手紙でよく使うであろう「応援してます」がしっくり来なくて他に表現ないかなって考えてました。なんか毎回しっくり来ないんですよね…最近使用を避けるようになりました。応援してないといえば嘘になるとは思うんですけど!

最終的にえっ、そもそも応援って何…?と概念を問い始めてしまったので検索エンジン先生に聞いてみました。

 

おう えん -ゑん [0] 【応援】
( 名 ) スル

他人の手助けをすること。また,その人。 「友人の-を仰ぐ」 「地元候補を-する」

(競技・試合などで)歌を歌ったり声をかけたりして味方のチーム・選手を元気づけること。 「母校のチームを-する」 「 -合戦」 → 支援(補説欄)

 

なるほどなー!しっくり来ない理由が分かりました。もちろん可能な限り手助けしたい、元気づけたいとは思うけど、ちょっとニュアンスが違う!

作品やキャラに対しては応援してますって書きます。手助けという名の投資だったり、コンテンツを布教したり、出来ることがいっぱいあるからだと思います。コンテンツの未来はヲタクひとりひとりの手で切り開けますからね。よほどの事情がない限りは作品が売れれば続きますし、単純な仕組みです。

私的に、自担をはじめとする声優さん達に対して何が1番大きいかというと「私が好きだから見ていたい」なんですよ。手を貸したいというよりはちゃんと見てるよっていうのを伝えたい。自担は息吸ってるだけでファンサなので普通に生きててくれるだけで私が勝手に幸せになります!

そもそもなにか出来ることがあるかといえば、出演してる各コンテンツを延命させることくらいしかできないし、ただのヲタクだからオーディション受からせてあげたりもできない!てかできるならもうやってる!なんか、本人に対してできること少なすぎん!?って思っちゃうんですよね。声豚マジ無力だわ…向こうがどう思ってるかは知らないけど応援してますになんとなくおこがましさを感じてしまう…

頑張ってくださいっていう表現も、いや頑張ってるのは知ってるから失礼か…?ってなる時あるし日本語難しいですね。深く考えたらキリがなさそうです。

 ちなみにこの時、最終的に選んだ表現は「これからもファンでいさせてくださいね」です。こういう言葉回しに応援スタンスがにじみ出るのかもしれない。

 

記憶にある限りですが、今年だけでざっと数えて20通近くお手紙出した気がします。数だけ見ると重い女感あってあれなんですけど、心を強く持ってこれからも書きたいと思います(笑)

みなさんのお手紙エントリも拝見できたら嬉しいです〜!