サルトリイバラ

生きてるだけで神ファンサ

ひるいなき

こんばんは、ってしてたのにこんな怪文書を書いてたら夜が明けたので再度加筆しつつ上げます(笑)こんにちは。

 

先日、自担の現場に行ってきました!楽しかったです。イベント関係ないけど、暑すぎて歩いてるだけで水浴びてきたくらい汗だくになったのが無理だった。この時期の現場みんなどうしてるんですか!?化粧溶けるし割と重めにしてる前髪が勝手にシースルーになるから爆笑。この時期の太陽地雷です。

 

ステージは登壇の段階で自担のヘアメが神すぎて湧きました。キャストさんたちのやり取りが漫才みたいで面白かったです!朗読の時にキリッとした表情してるのが見てて楽しい。優しい感じのセリフが個人的にツボでした。

自担はやっぱり力技だなって思う所もあるけどあの期待を裏切らない感じが私は好きです。ライブはとにかく楽しかったですね!やっぱりコーレスで声出せる現場は良いです。

あと最後のコメントでいい話してくるから死んだ。エモすぎて心に響いた。後輩が泣いた時に真っ先にタオルで顔覆ってあげる自担に良い先輩の波動を感じました。

 

接近もありました。私は身長の割にちょっと手が大きめな方だけど、ハイタッチした時に自担の方が一回り大きくて男の人だなぁって思いました。

久々に間近で自担が笑ってるの見れて楽しかったです!顔が良すぎるのでハイタッチ会じゃなくて顔面眺め会(??)とかでも全然良いなと思いました。ほんのりいい匂いがした気がするので香水つけてたかも。帰り際に両手振って見送ってくれるのも可愛いです。イケメンに手振ってもらえる人生ー!

スタッフさんに券渡したあたりは久々だし緊張する〜!とか思ってたのに、なぜか自担の顔見た瞬間にめちゃめちゃ安心したので緊張しなかったです。本当にそこにいてくれるだけでファンサだなと思った。

 

チェキも諸事情で撮ったけど(撮る気なかったのに券余らせた)イケメンの横に置かれるせいで自分のブスさが際立つというデフォの感想はさておき、やっぱり隣にいてほしい訳じゃないなってちょっと思いました。

客席からの景色と長机一個分の距離感が超絶好きなオタク、ファンという立ち位置のプラトニックさが癖になってしまっている節があるのでそれが理想なんですよね。隣だと顔見れないし!写真に残すより網膜に焼き付けたい派です。

本当に主観なんですけど、遠すぎてもダメだし近すぎてもちょっと居心地が悪い。近くて遠い感じ、なんか良くないですか?欲を言えば大衆の一部として存在だけ向こうに伝えたいです。マジックミラーでも置いて喋る…?(置けない)

架空と現実の境界線を認識した上でただ可愛いから、癒されるから、と応援してる状態を偶像恋情と呼ぶらしいですが、そ、それ〜〜〜!!って感じです。ある種の架空、非現実なのが分かった状態で推すのが楽しいんだよな!っていう自分のスタンスを再度確認しつつイベを終えました。

 

今更感満載だけど、最近自担を推してる明確な理由が見えてきた気がします。好きなものに理由なんていらないと思ってるけど、なんか自分の推し事の本質が見えたというか…声優のオタクやめられない理由も分かった。

己の心にしまっておくつもりですが、自担への信頼度と好感度がより上がった気がしました。やっぱり他の人じゃダメだろうな〜ってなんとなく思います。そんな推しと出会えた私は幸せ者ですね、きっと!