サルトリイバラ

生きてるだけで神ファンサ

2次元の推しと邂逅を果たした話

厨二みたいなタイトルにした。

すごく好きな2次元のキャラがいます。推しくんと呼びますね。先日、そんな推しくんが出演するライブに行ってきました!

すごく好きとか書いたけどガチ恋に近い所がある気がします。ただの夢女子にしてはいろいろとネジが飛びすぎている。2次元の男にガチ恋をしたかもしれない〜!?と思い始めたら考えていたことが腑に落ちてしまって困りました。オタクだから元来より痛い人種である自覚はあるけど、もはや救いようがねぇな!って感じです。

推しくんの性格と外見が好きです。公式にリクエストでも送ったっけ…?というレベルで好みの要素が詰まってます。声も好きだけど。完全に個人の趣向の話ですが、推しくん本当にかっこいいんです!私の中の理想の男の子像があんな感じ。

可愛いという評価が一番多いと思うけど、可愛いというよりはあざといだし、顔面と性格と声帯はめっちゃ男だからそこが好きですね。私は顔のかっこいい男の子がキュート属性で売ってるエグさが何よりも好きなので…

せめて3次元で同じ苗字の人と結婚したい(??)と思って名前を検索できるサイトに推しくんの苗字を入れたら一件も出なかった!架空の苗字だわこれ!もうやだ〜!

 

それはさておき、一点問題があります。推しくんのキャストが自担なんですよね。普段は最高なはずだけど、推しくんを一個人として確立しすぎてしまって自担と結びつかないというか、ステージ上の人を自担と推しくんのどちらとして見たら良いんだろう?って思ってました。

別に好きにしろよという話ではあるけど、キャラとキャストは切り離して捉えてる派だから場面に合わせてどちらかとして見たいんです。両方!とはあまり思わない。

ステージ上で自担が推しくんになってしまうのが耐えられない…もちろん悪い意味じゃなくてキャパオーバーの意味です。推してる人2人も同時に見るの無理。

自担も推しくんもそれぞれ別のベクトルで好きなので、その存在が一致してしまう瞬間がなんだか怖くもありました!自担に対しては全くガチ恋ではないです。イケメンだし身近にああいう人がいたら恋してるかも〜くらいは多少思うけど、ファンとして在りたいから何とも言えないです。考えたことがなくてピンと来ない。

何が言いたいかというと、ガチ恋拗らせたような相手と推しとして思いを馳せてる相手をひとつのものとして見れないのでは?いう話です。矛盾が多すぎてステージにいる人は一体誰なんだ?ってなりそうで怖かった。自分の信じてるものがまとめて不確実な存在になっちゃったら怖くないですか?

いろいろ書いたけど、こんな馬鹿みたいな考えは後に平成最後にして今世紀最大級の取り越し苦労だったことを知ります。

 

ライブすごい楽しかったです〜!今年の神現場トップ3には確実に入りますね!ステージ上の自担は推しくんでした。私がずっと会いたかった推しくんそのもので本当にびっくりした!推しくん実在しました。

まず登壇した段階で衣装がやばかった。推しくんみたい…いや、ステージ上では推しくんなんですけど耳飾りしてた。推しくんはいつもイヤリングかピアスの類のものをしてるけど、自担がそんなものつけるとは思わなくて…服も自担が普段は選ばないような雰囲気で推しくんだった…何を書いてるかわからなくなってきたな!とにかく推し様降臨してました(キャラがバレる)

最初の曲からかっこよすぎたし、挨拶の時に今日は俺とのデート*1楽しんでね〜!って言われただけでえっなんかもうすごい生きててよかった…(語彙力皆無)って思った。

 

推しくんのソロ曲は、公式なんでそういうことすんの?というレベルのキュートでポップなガチ恋ソング…即ちライブはデート、客席の君に恋してしまいそう!みたいな内容の楽曲なので、推しくん〜〜〜!!となると同時にそれを自担が歌っていることを理解して二度死んだ。歌声の糖度が最強、ありがとうございました。というか推しがチアガールみたいなポンポン持って踊り出しても大丈夫なオタクとかいなくないですか?なんだったんだろうあれは…

フルの歌詞が公開されてない上に難聴だから合ってるかは謎ですが、エンゲージリングみたいな歌詞のところで左手掲げるのが非常にずるかったです。あとダンサーさん2人が作ったハートからぱって顔出すのがジャスティスキュートでした。でもそれのせいでペンラを振る手が一瞬フリーズしたし前後の記憶が7割くらい飛んだよ!

 

推しくんの曲の話を特筆したけど、他のキャラや曲も本当に全部好きなので誰が出て来てもア゛ーーーーーー!!ってなってた。セトリ挙げて全曲語れるレベルだけどキリがないのでやめます。

あっでもふたつだけ書かせて。新曲急にやりすぎ。ほんと油断も隙もねぇって感じだった!嬉しいし楽しいけど心臓にはあまり良くなかったです。

あと実はもうひとり好きなキャラがいるんですけど、ダンス値と人差し指と中指で作る無邪気な指ハートが天才でした。全国民の孫って感じ(?)別次元のドルオタとして推すなら絶対彼ですね。元気な男の子は正義。

 

自担の最後のコメントはみなさんのおかげ的な謙虚な話(好き)が多い気がしてますが、思いっきり楽しかった!って出て来た所が推しくんだった。しかもステージからはける時も、一礼して丁寧にはけてることが多い印象だけど、手振りつつステージ袖まで行ったら振り返らずにそのままスタスタはけていった所もすごくキャラの波動を感じました。推しくんならそうするよね…!みたいなポイントがいっぱいだった。だって今は自担じゃなくて推しくんだもんね!

 

いい加減コンテンツがバレてると思うけど、推しくんは憑依型の役者で、一度役に憑かれると切り替えができずに普段の生活までその性格を引きずるようなタイプなんです。

対する自担はそこまで引きずらないというか、実際の所は本人に聞かないとわからないけど、朗読劇の直後に普段の感じで普通にMCやってたりするし、あまり役が残るタイプには見えないです。

だからあんなにキャラと本人ごっちゃ混ぜみたいな雰囲気の自担初めて見ました。他のキャストさんの話聞きながらゆらゆらしてたり、集合写真撮る時も隣のキャストさんに密着してあざといポーズしてたり…いや推しくん生きてるじゃん…ってずっと思ってた、推しくんならやりそうだけどいつもの自担っぽくないと思った!

自然にやってたとしてもキャラのことを考えて意図的に演じてくれてたとしても嬉しいな。私は自担のことも推しくんのことも大好きなので!自然にやってたならセンスがすごいし、意図したものだったとしても能力値が高すぎる。このあたりで当ブログの大サビ行きます、推してて良かった〜〜〜!!!!!

いやほんと推してて良かった、自担も推しくんも、どっちも出会えて良かった!2人ともちゃんと私と同じ世界で生きてて最高でした。自担はシャネルの香水の香り、推しくんは洋菓子屋さんの前を通った時の甘い匂いがする感じだと良いと思ってるんですけど(何の話???)お菓子の香りを体感できた気がする。

もちろん他のキャストさん達もすごかった。私の好きなキャラ達がみんな自分と同じ世界で生きてたなぁって思いました!初めましての方もいたけどみんな好きになった。あえて心残りを挙げるとするなら、まだやってない曲がいっぱいあることですね!またライブやってくれ〜!

余談ですが、いいお花屋さんにも出会えたのでまたお願いしたいなと思いました。いろいろわがままを聞いてもらった上にレギュまで待たせまくって申し訳なさしかなかったんですけど、すごく可愛くしてもらいました…!

 

私にとって2次元のキャラはキャストの姿を借りないと会えない存在で、思念体みたいな解釈をしてます。だから直接会うにはキャストさんの力が不可欠なんですよね。

完成した作品や音声はもちろん最高だけど変化はないじゃないですか。それも素敵だし大好きだけど、綺麗に保存されたものって感じがする。エンバーミングされたものやホルマリン漬けになってるものに近いイメージです。見ようと思えば好きな時に見れるし、たとえ100年後でも誰かの記憶や記録に残っていれば色褪せないし死なない。

でもキャストさんが生で演じると呼吸の音が乗るというか…うまく表現できないけど「生きてる」って思えるんですよね。その時その瞬間しか見れないものだし、血が通ってて温度がある気がする(ポエム)生の舞台やステージってそういう所が面白いと思ってます!

普段は絶対に会えないキャラ達がキャストを介して同じ次元に生きてる瞬間が大好きです。2次元寄りオタクだから声優が好きなだけかも。

 

いろいろあってはまれるコンテンツがなくなっちゃったりして追い出されたとも言うしばらく漂流してたオタクだけど、ここで暮らしていけそうな気がしました。良かった!CD全部買ってるし予約済みだよ!(笑)

私のくだらない不安や恐怖心を自担のパフォーマンス力で解決してもらえてた話がしたくてこのエントリを書きました!楽しい現場は幸せですね〜!

 

何かありましたら!

詩さんのお題箱

*1:ライブの意味